「里山であそぼう」第1回を開催しました

里山活動を開始して、今年で10年目になります。そして、10年目にして、新たな試み・企画をスタート致しました。子どもたちが、山で自分たちの遊びをすること、それを大人が支援すること、そんな山遊びをしたいなと約1年半企画してきました。山に携わる大人にとっても、子どもにとっても、共通の願いを実現することが出来たのではないかと思います。子どもたちは、小学校1、2、3年生が31名、地元の大学生の方、東京以南からのゲストの方も支援者として参加してくださいました。

午前は手作業を

6月の田植えで、3年生はのこぎりや釘打ちを少し練習しましたので、3年生以上は巣箱づくりを、2年生を中心に山の案内板を、1年生を中心に昼食作りをしました。

巣箱づくり

今回は、初めての巣箱づくりなので、釘打ちだけで作れる巣箱です。木の板を、釘を打ち付けて巣箱に仕上げていきます。

釘打ちには力がいる上、釘をまっすぐに打ち付けられないと、木片からはみ出してしまいます。はみ出した釘は、何度も抜いてはもう一度打つを繰り返し、、、

巣箱完成です!

山の案内板づくり

山に登る人たちが、山にはこんな植物が有ったのかと知り、楽しみながら山を登れるように、植物の名前を看板にします。まずは、白いペンキを塗っていき、どんな植物の看板を作ろうか、みんなで図鑑を見ながら相談です。

ペンキを乾かした後、植物の名前を書き、上からニスを引きますので、こちらは今日はペンキ塗りまで。また続きは別の日に。

そして、もう1つ、山に潜む危険をお知らせして、楽しく山を登ってもらえるように、案内板を作りました。

「あしもと注意」「へびに注意」「くまが出ますよ」・・・等々。「ひみつ基地はこちら」なんて言うのも有りました。

昼食のカレーライス作り

小学1年生を中心に、お昼のカレーライスづくりをお手伝い頂きました。じゃがいもや人参を切って、カレーのルーを準備しました。時間が余ったので、6月に植えた稲の様子を見にお出かけも。

出来上がるまでの時間に、カレーライスの名前もみんなで考えてくれました。「みんな仲良し、元気もりもりカレー」だそうです。

お昼ご飯は、沢山おかわりをして、仲良くもりもり食べられました。

午後はいよいよ山へ

お昼の後は、みんなで山へ遊びに行きます。35度近い夏の暑い中、山を登りきった木陰は涼しくて快適な遊び場です。

ひみつ基地づくり

山で単独行動すると、熊に出会ってしまいますのでグループに別れて活動します。ひみつ基地づくりは、子どもたちから「やってみたい!」という意見が沢山集まった遊びです。3年生を中心に、ひみつ基地づくりをはじめました。

まずは、大工さんからひみつ基地づくりには、ユズリハという植物が便利だよと教えてもらいます。

さて、次はみんなで入れる大きな基地を作りたいか?それとももう少し小さなグループに分かれて小さな基地を沢山作るか、考えます。子どもたちは、どうやらみんなで入る大きな基地にしたようです。先程のユズリハ、小手縄、今日のために持ってきた大きな布も使ってそれぞれに基地を作り上げていきます。

山にあるものは色々使って作れますので、大きな木を運んでくる子もいます。玄関の飾り?にしました。

形になってきたので、各所の飾り付けなども。葉っぱを細かくちぎって、これはお金とのこと。

室内にはベッドも完成!

ベッドからはこんな景色が楽しめます。

山の上で野点

ここの里山の名物、野点(外で楽しむお茶席)。今回は初めて山の上でやってみました。

子どもたちはお茶席でのお茶も経験済みですが、山の野点は切り株などに腰掛けて、より気軽にお茶を楽しめます。

山のおじさんも一緒にロープ遊び

今日一番の歓声が聞こえたのがこちらのロープ遊び。

木と木の間に張ったロープに乗って、捕まって、倒れないようにおじさんたちと子どもたちでひっぱり合います。。が、すぐにバランスが崩れますので、子どもも大人も大盛り上がりです。

下山して

帰りの時間が近づいてきましたので、山から下りて、母屋に集まります。

おやつの時間

沢山遊んだ後は、おやつの時間です。まだまだ楽しい時間は終わりません。今日のおやつはスイカ。大・中・小のスイカが1つずつ。各学年の代表者がじゃんけんをして、買った学年から好きなスイカを選べます。

買ったのは、2年生チーム!

先生にスイカをせーの!で切り分けてもらったら、

中身はなんと黄色いスイカです!「金メダルだ!!」と子どもたちは大喜びでした。

おやつを食べて振り返り

今日はどんなことが楽しかったでしょうか?巣箱、カレー、看板、ひみつ基地、お茶にお菓子、、、やっぱりロープ遊びはとっても楽しかったようです。

中には、こんな子が。「あのね、今日はみんなで1つの巣箱を作ったでしょ、でも、本当はもっと違う形の、自分で作りたかった!」と山のおじさんにお話しています。

次来る時までに、今度はどんなことがしたい?何をつくりたい?どんなものを使ってみたい?考えて大人にも教えてください。ひみつ基地や巣箱の設計図も作ってきたら、見せてください。

最後は、山の方々に御礼を伝えてお開きです。

次回は、4月の下旬の花見の季節に企画しています。今日作った巣箱や春までに完成させた案内板を、山に取り付けに来てください。