平成30年 稲刈りと山遊びレポート

平成30年10月6日(日)、里山の田んぼで子どもたちと稲刈り・山遊びをしました。

この日は快晴、気温は30度近い10月とは思えない気候でした。大人は暑くて大変でしたが、子どもたちからは「暑い」なんて声は聞こえません。元気いっぱい、山で遊びました。

午前中の稲刈り体験

集まったお子さんたちは、幼稚園の年長さん(保護者の方と一緒に参加頂きました)、小学生は1〜3年生です。

まずは、地元の方に稲の刈り方、刈った稲は束ねて、わらの紐でくるりんと結いておくと干しやすいですよと教えてもらいます。

ここ西会津で取れるお米はとても美味しいですが。すぐそばには「米寿米」というブランド米を育てている畑が有ります。今日は「米寿米」を作っている方々とも一緒に稲刈りです。

今日参加してくださったお子さんたちは5歳から毎年山へ稲刈りに来てくださいます。小学3年生ともなると手慣れた手付きで、どんどん稲の束ができていました。刈り取りが終わり、束になった稲を運んで干しておきます。

秋らしく、山は実りの季節といった出で立ち、田んぼには虫もたくさん集まっています。稲刈りの合間に、虫を捕まえる子どもたち!楽しみがいっぱいでした。

午後は山遊び

昼食には山のおいしいお餅と豚汁も食べて、午後は山に登って遊びます。夏のような暑さでも、山に入ると木々に囲まれてとっても涼しいです。

いつものターザンロープやブランコなどの山の遊具も用意しています。一緒に来ている幼稚園の先生方とグループになって、それぞれ遊具を回ったり、虫やどんぐりなどを探そうという子どもたち。ターザンロープで「あ〜〜あぁ〜〜〜」と声が響くと大歓声が起こったり、木に登る子供をみんなで応援したり、ロープも使わず上まで登ってしまうお父さんを見て大興奮したり。響き渡る楽しそうな声からは、夏の山遊び体験を再び見ているようでした。子どもも大人も、山の遊びがもっともっと好きになったでしょうか。

夏の思い出たち

夏に作った秘密基地は、今こんな様子です。

ユズリハの枝はすっかり茶色くなりました。基地づくりに参加した小学生たちが跡地を散策しています。

子どもたちみんなで山に遊びに行くのはしばらくお休みですが、山にはいつでも遊びに来てください。冬を越して4月には桜のきれいな季節に、また皆様をお招きします。(雪囲いの集まりは、11月17日を予定しています。)