第2回山で遊ぼう/開催レポート

平成31年4月28日(日)、昨年の8月に引き続き、第2回目の山遊びイベントを開催しました。大型連休の中、小学1年生〜4年生までの子どもたちが約30人遊びに来てくれました。

山はこの季節が桜がきれいな季節です。山桜、枝垂れ桜、ソメイヨシノなど色とりどりの桜が見事に咲いていました。

よもぎを摘んでお団子づくり

母屋でこちらの絵本を読んだ後、周囲を散策してよもぎを沢山集めます。すぐに沢山見つかるのですが、摘むときは根っこは苦いので取らず、土の上から見えている部分だけを集めます。

集めたよもぎは先生方が頑張って美味しくなるように下処理頂き、お団子の粉に混ぜて仕上げます。出来たてのよもぎ団子は香りが良くて、イベントの後に和菓子屋さんで食べたお団子よりも美味しく感じました。

ピザ窯でピザ作り体験

ピザはいつも生地からつくります。今までは大人だけの会で焼いていたので、生地を発酵させていましたが、今回は発行しないピザ生地に挑戦。子どもたちで生地をよく捏ねて、ソースと具材を乗せて、とっても熱い窯に入れると2〜3分でピザが焼き上がります。

ピザ生地は、家で作ると膨らみすぎてパンのようになってしまったり…難しいのですが、強い火力のおかげもあって、カリッとした美味しい生地でした。

お昼のカレーづくり班

小学1年生が中心に、カレー用の野菜を下ごしらえします。皮を向いて、包丁で切ります。玉ねぎが美味しそう。

余った時間で容器に絵付け。何を描こうか考えていたところ「悪魔の顔はどんな顔なの?」と盛り上がっていました。出来上がった容器は、午後に拾った桜の花を入れたり、大切に持ち帰ったり、各々で。

ドラム缶で竹炭づくり

こちらは大人の遊びです。今年はじめての試みですが、ドラム缶を使って竹炭づくりをしました。大工さんが中心に、道具の制作、竹を切って原料の準備をして、ドラム缶の窯の中で燻していきます。火力の加減が難しいようで、出てくる煙の色などで温度を見るそうです。

出来上がった炭は、お米を炊くときに一緒に入れると美味しいごはんになるそうです。

午後の山遊び

昨年の夏のイベントで制作した巣箱と山の案内板をいよいよ取り付けました。鳥が卵を植え付ける季節なので、春先に設置するのが良いそうです。雨風に負けない、立派な案内板になりますよう。

山の下の自然や活動が素晴らしく、また、前日の雨と寒さで山の上の遊具もお休みが多かったこともあり、山にのぼって遊ぶ時間は少しだけになりましたが、この季節には頂上から高陽山(こうようさん、地元の人は三角山とか、たかはるやまとか呼ぶそうです)がよく見えます。次に遊びに来る6月頃には、周りの木が育ってしまうので、なかなか見えなくなるそうです。陽は春の季節を表すそうなので、この季節にぴったりの眺めです。

次回は、令和元年6月1日(土)の田植えで子どもたちが遊びに来る予定です。